2022/08/11
 次また屋根がずり落ちることがあったら、今度は自分の責任。プライドにかけて、丈夫な下地、ずれない軒付けをしなければ。

2022/08/09
 昨年から、とりあえずシートで屋根を保護した状態で待って頂いていたお家。茅葺きの軒先が、水が満ちて今にも割れそうな水風船のように、下地から大きく垂れ下がって落ちかけていた。

2022/07/30
 とある現場の屋根修繕を終えた後、屋根裏に上がってみることにした。今回は応急的な処置であったため、工事中に屋根裏に上がる必要はなかった。が、いずれ行なうかも知れない葺き替えの時のために、確認しておいた方が何かといい。

2022/07/18
 茅葺き現場で『バリカン』と言えば、植栽の剪定作業などに使われる、ヘッジトリマーと呼ばれる機械のこと。これを茅葺きに応用して、ハサミの代わりに屋根を刈り込んだり、押切の代わりに茅を切り分けたりする。

2022/07/12
 2月から続いた怒涛の屋根仕事が、ようやく一区切りついた。ことに前半戦の気の張り詰めようは、我ながらすごかった。もう一度同じことをせよと言われても出来ないだろうし、したくもない。

2022/07/08
 謙遜ではなく、なんで自分はこんなに下手くそなんだろ、とため息をつきたくなる時がしょっちゅうある。もちろん、茅葺きに関してだ。なんだこのバサバサの屋根、抜けそうな茅、いったい何年やってんだ…と。

2022/06/24
 長期間の工事の大きな局面、棟上げ。力仕事以外の何物でもないが、これさえ無事に終わってしまえば…と気分は軽い。

2022/06/20
 遡ることひと月ほど前。  美山の茅葺きのてっぺんに載せるユキワリ。その素材となるヒノキを掘り倒しに山へ。雨で屋根が葺けない日のためにとってあるプログラムのひとつだ。

2022/06/12
 3ヶ月近く日記を更新出来なかったのは新記録…とにかく忙しい日々。まだまだ抜け出せない、間に合わない。気が追われるばかりだけれど、何だかんだで大きな目で見れば後半戦に突入。体を壊さないよう気をつけつつ、もうひと踏ん張り。

2022/03/19
 避けては通れないながら、正直1年の中でもあまり好きではない作業がこの茅降ろし。10tトラックで届く大量の茅を、倉庫に降ろして収納する作業。こればかりは自分1人では対応しきれないし、人手の確保、先方との晴れた日程の調整、茅を高々と積んでいく…作業。なかなか気が重い。

さらに表示する