2024/02/26
 出張先で長雨に合うのは面倒なこと。こればかりはどうしようもないものの、地元と違って倉庫で作業をしようというわけにもいかない。

2024/02/12
 わら細工と茅刈りに追われた年末が終わり、年明けからは出張が続く。雪国の美山で冬場に仕事をするのはリスクが大きい。ので、遠く(特になるべく南側)の仕事は冬場に回す。ゆえに冬場はどうしても出張が多くなる。

2024/01/09
 昨年末最後の仕事は、今シーズン最後の茅刈り。慌ただしい年末だったが、どうにか例年並みの茅が刈れた。またまだ茅はたくさん生えているが、さすがに茅刈りばかりもしていられない。

2023/12/28
 やらかした。この忙しく頭パンパンな時に限って、普段しないようなミスを……と悔いるが、時すでに遅し。腹をくくって次に活かすしかない。

2023/12/06
 年内に予定されていた大きめの工事をひととおり終え、茅葺き ぶんなは恒例の冬ごもり期間に突入。気候とともに経営も氷河期を迎えるが、ちょっと冬越しのための蓄えが足りない。どーすんねんと焦る気持ちを抱えても、季節は待ってくれない。今やらねばならないことをまずは最優先。

2023/11/22
 短期決戦の現場が終わりを迎える。ホッと安心するとともに、張り詰めていた気が抜けてドッと脱力する。

2023/11/10
 気付けばもう冬間近。毎年加わらせてもらっている寺社のしめ縄製作の期間も終わり、今年の屋根仕事も終盤を迎えている。

2023/10/25
 接触がおかしく調子が悪い、ぼちぼち対策を考えねばならないな…と思いながらもズルズルと使い続けていた外付けのハードディスクが、突然機能しなくなった。相変わらず読み込みが遅いな…などと待つも、それ以降データが読み出せることはついになかった。

2023/10/16
 あれこれと苦戦しつつも、どうにか工事終了。やはり煙を上げているお家だからだろうか、上に行くにつれ年月のわりに屋根の傷みは少なく、下から葺いた新しい屋根とうまく繋げることが出来た。

2023/10/14
 例え、"慣れ親しんだいつもの屋根"であっても、現場ごとに何がしかの問題や悩みは発生するものではあるものの…。今回のイギリス式、未知の屋根はやはりなかなかに厄介。面白さ、興味深さは尽きないが、何せ進まない・・・。

さらに表示する