2022/03/19
 避けては通れないながら、正直1年の中でもあまり好きではない作業がこの茅降ろし。10tトラックで届く大量の茅を、倉庫に降ろして収納する作業。こればかりは自分1人では対応しきれないし、人手の確保、先方との晴れた日程の調整、茅を高々と積んでいく…作業。なかなか気が重い。

2022/03/10
 御殿場での茅刈り研修に続いて、今回は京都伏見にて、ヨシ刈り及びヨシ焼きの研修に参加させて頂いた。

2022/02/23
 あぶない、踏んでしまうトコやった。ほとんど動かないが、きみはいつからそこにいた?屋根葺き作業中の軒付近におるのはやめとき。踏まれるで。

2022/02/12
 頑張って作ったかまくら、ではなく。雪に埋もれた茅葺き屋根。  今年は全国的に雪が多い。京都とはいえ雪国の美山では冬は仕事がしにくいので、この時期はどうしても、冬でも屋根仕事可能な遠方への出張が多くなる。

2022/01/19
 阿蘇とともに日本の茅の二大産地である、静岡県の御殿場。高速道路で付近を通るたびに、富士山麓に広がる圧倒的な広さの茅場を眺めていたが、今回初めてその御殿場で行なわれる茅刈りの研修に参加させて頂いた。

2022/01/07
 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。  年末から年明けにかけて、今年は久々にこの時季らしい雪が降り続く。近年雪が少なかったから、冬らしい雪景色の正月に何となく安心する。

2021/12/28
 あっという間に年が暮れる。"長い1日を持て余すのに、1年はあっという間に過ぎてしまう"……思春期の頃はそんなワードに深く共感していたのに、今や1日が過ぎるのもあっという間だ。

2021/12/04
 当たり前のようなことでもあるけれど、茅刈りは田畑を世話する農業と似ているかもな…とふと思った。  今年初めて茅刈りを行なういくつかの場所。前回述べたように、「よかったらうちの茅場も刈ってくれたら…」と、昨年地元の方から言って頂いた場所だ。

2021/11/22
 茅葺き ぶんなの大きめの屋根仕事は、秋の半ばで一旦営業終了。それから年内にかけては、数日で終わるような小規模な修繕以外は、屋根に登る仕事は基本的に入れていない。だからといってもちろん遊んでいる暇はない。

2021/11/10
 お客さんとの打ち合わせついでに、以前施工した近くの別の現場へと立ち寄った。何年やっていても、自分が葺いた屋根を改めて見に行くのはドキドキハラハラする。茅が抜け落ちていないかな、変な傷み方していないかな? 思い返せば苦いお思い出もある。だから余計に緊張する。

さらに表示する